9月20日新月

自然

セドナ朝日2

9月20日水曜日14時30分は、乙女座の新月です。

瞑想や祈りや願い事をするには、ふさわしいタイミングがあります。

自然のリズムを正確に刻む潮の満ち引きに直結するのが月の満ち欠けです。

月は日々の活動に大きな影響を与える天体なので何かを行う時には、月の満ち欠けを見るといいです。

新月は、何かをスタートするのに最適な始まりの時期で、体や心のリセット、セルフヒーリングやリリースを行うと効果的です。

「新月の願い」の方法

新月を迎えてから48時間以内に、2個以上10個以下の願い事を書くと、願いが叶いやすいと言われています。

手帳やダイアリーなどに、願い事は願いが叶った形で書いて、感謝の言葉「ありがとうございます」を付け加えます。

後日願いが叶ったら、お花のしるしをつけて、きれいな色を塗りましょう。

ボイドタイムは、9月20日水曜日14時29分から19時5分までです。

ボイドタイムとは、月を経由して地球にやってくる惑星からのエネルギーが遮断され、月の働きが無効になるとされる時間帯で、地に足がつきにくく、判断力に乱れが生じやすいと言われています。

新月の願い事をする時は、この時間帯を避けると良いでしょう。

よって、願い事に最適な時間は9月20日19時6分から、22日14時29分までとなります。

乙女座の新月の実現しやすい願いごとの主なキーワード

「食生活」「運動」「エクササイズ」「ダイエット」「癒し」「ヒーラー」「仕事」「プロジェクト」「作業」「秩序」「詳細を詰める」「事務」「時間を守る」「分析」「焦点」「洞察力」「順応性」「純粋な動機」「統合能力」「加工」「批判」「仕事中毒」

関連のあるからだの部分・症状

大腸・腸・便秘・下痢・消化吸収・みぞおち(太陽神経叢)
※これらの部位の健康を促進すると言われています

願い事が早く叶い、エゴに振り回されることが少なくなってきているならば、そのままのペースで前進あるのみです。

人は願いがなくなることはありません。

どんなことでも何でもあなたの願いを叶えていってくださいね。

秋のお彼岸ももうすぐです。

この時期は気候もよく行楽にも出かけやすいでしょう。

今週末16日からの連休は、台風の動きをチェックして計画をたてたほうがよさそうです。

また、来週23日からの連休と二週続きますので、有意義にお過ごしください。

ちょうど夏の疲れが出てくるころですから、眠い時には寝るのが一番です。
 
星有希那ホームページ