エアポート・メサ

セドナ

エアポートメサ

セドナの街の中央には、朝陽や夕陽を見る見晴台となるエアポート・メサがあります。

夕陽が沈む時間帯にエアポート・メサに行くといいと日本人ガイドさんにすすめられて、リーク・クリーク公園の後にタクシーで向かいました。

切り立った岩にしっかりとロープが設置された山道を登っていくと、頂上は平らになった岩場があり5、6人が写真を撮っています。

そこで私たちは、夕陽を背に瞑想することにしました。

遠くには早朝からハイキングをしたベル・ロックとカセドラル・ロックが見えます。

セドナはまわりが山に囲まれていて、夕陽が赤いでこぼこした岩山を照らしながら、刻々と赤と黒が変化するのを楽しめます。

山道の途中で出会ったアメリカ人が日本語で「こんにちは」と声をかけてくれました。

アメリカ人は気さくで明るい人たちばかりで、日本人の私も彼らに答えて気軽に挨拶できました。

山道の両側にはジェニパーが生息していて、ちょうど緑の実が生って、赤い実は落ち始めています。

ジェニパーは、清潔感のあるやさしいウッディーな香りで、精神をさわやかにリフレッシュしてくれます。

効果としては浄化と、お肌に良いとされています。

エアポート・メサから泊まったホテルへは歩いて帰ることができる距離にあります。

次回は朝陽を見に来たいと思いました。

今回泊まったホテルのお部屋の前のテラスから、朝陽が昇るのを2日間とも見ることができて大満足です。

星有希那ホームページ