東京大神宮

神社

大神宮

東京大神宮

御由緒
江戸時代、伊勢神宮への参拝は人々の生涯けけての願いでした。
江戸時代の新国家が誕生すると、明治天皇の御裁断を仰ぎ、東京における伊勢神宮の遥拝殿として明治13年に創建された東京大神宮は、最初の日比谷の地に鎮座していたことから、世に「日比谷大神宮」と称されていました。
関東大震災後の昭和3年に現在地に移ってからは「飯田橋大神宮」と呼ばれ、戦後は社名を「東京大神宮」と改めて今日に至っています。

御祭神
天照皇大神(伊勢神宮内宮の御祭神)
豊受大神(伊勢神宮外宮の御祭神)
天之御中主神 高御産巣日神 神産巣日神(造化の三神)
倭比賣命(天照皇大神の御杖代)

御神徳
東京大神宮はは「東京のお伊勢さま」と称されて親しまれていますが、伊勢神宮(内宮と外宮)の御祭神である天照皇大神(日本人の総氏神)と豊受大神(農業、諸産業、衣食住の守護神)、さらに倭比賣命を奉斎していることによります。
また天地万物の生成化育つまりと結びの働きを司る造化の三神があわせ祀られていることから、縁結びにご利益のある神社としても知られ、良縁を願う人たちのご参拝も多く、そこ御神徳は実に広大無辺なものがあります。

私は、占いの仕事で 恋愛や結婚の相談をたくさんのお受けしています。

縁結びの神様の前で恋愛や結婚の宣言したり、祈願する神社として、東京大神宮は東京の人たちには行き易く、御由緒もある神社なので、相談者の方におすすめをしていることもあり、私も参拝したかったのです。

20年前に、親戚の結婚式で訪れてからだいぶ経っての2回目の参拝です。

東京大神宮は、天照皇大神様の暖かくて優しいエネルギーを感じます。

その日も結婚式に列席した人たちや多くの女性や、カップルが訪れていました。

今年1月に伊勢神宮に行ってきましたので、今年は2度目の天照皇大神様の参拝ができてよかったです。

神社巡りをして、御朱印をもらい、その神社の神様を拝んで、自分が一歩づつ前進しているのが分かり、心地よく幸せを感じるのが嬉しいのです。

東京大神宮は、東京5社の一つで、日本の霊ライン上に含まれます。

東京で当たると口コミで評判のおすすめ新大久保 幸運占館に出演しています。

四柱推命、数秘術、タロット、オラクルカード、手相、人相、方位学で占います。

月曜日16時から23時・・・ドンキホーテ敷地内(1号館)
金曜日13時から23時・・・コーヒープリンス下(2号館)

10月から、金曜日のみヒプノセラピー、ヒーリング、カラーセラピーを承ります。(完全予約制)

幸運占館こううんうらないかん

星有希那ホームページ