アバンダンス・エンジェル

天使

ヒナゲシ
ヒナゲシ

豊かであること。

それは、私たち人間のごく自然な、そしてスピリチュアルな意味でのあり方にほかなりません。

豊かさ、あるいは豊潤という言葉の本当の意味は、安全であること、そして守られていることの実感です。

“豊潤の天使”=アバンダンス・エンジェルは、何かが足りないことが原因で私たち一人ひとりが宿す聖なる使命が物質世界で妨げられないようにしてくれる天使たちです。

天使たちは物質的な意味での支えがなければライフパーパス(人生の目的)が達成されないことを理解していて、私たちを支えてくれます。

他者を助け、癒すため、経済面が物質的な救いが必要だと感じたら、天に対して心を開き、サポートを求めましょう。

欲するものは自ら進んで求めなければなりません。

そうしなければ、誰もあなたを助けることはできないのですから。

お金に対しての不満を解消して、悪口や文句を言わないことです。

誰よりも自分がその言葉に反応してしまい、ネガティブな状況を引き寄せてしまいます。

お金の対して心配している時間をつくらないことです。

働いた仕事の報酬を受け取る価値が充分にあると信じましょう。

何も受け取ってはいけない、受け容れてはいけないという思い込み、自分には資格がないと思い込んでしまう感覚を克服しましょう。

お金あるいは他のものを急いで手に入れたいなら、自分のエネルギーレベルを高めるように心がけましょう。

そうすることで、現実化を早めることができます。

大切なのは、とにかく自分の夢につながる何かを始めることです。

自分にできる行いをきちんとこなしていれば、豊かさの流れは自然に生まれます。

豊かさの流れを妨げる大きな原因は、効果がどのような形で現れるかを心配してしまう姿勢です。

思い通りにしようとするのではなく、天に委ねましょう。

贈りものが届いたら「ありがとう」という言葉を口にすることを忘れないでください。

良きものがもたらされたら、感謝を込めて受け容れ、素直な気持ちを示しましょう。

思いを文字で残しておけば、集中することを忘れないだけでなく、自分の進歩を確かめられる重要なツールとなるでしょう。

心の底から祈りを捧げ、聖なる存在からの救いを受け入れられるよう、自分を大きく開いていれば、望むものが必ずもたらされます。

星有希那ホームページ