10日新月

自然

キジトラチー
飼い猫チー

明後日1月10日日曜日10時32分は、今年最初の新月です。

新月を迎えてから48時間以内に、2個以上10個以下の願い事を書くと願いが叶いやすいと言われいます。

後日願いが叶ったら、お花のしるしをつけて、きれいな色を塗りましょう。

ボイドタイムは11日2時41分から5時24分と、12日10時10分から10時32分の2回あります。

ボイドタイムとは、月を経由して地球にやってくる惑星からのエネルギーが遮断され、月の働きが無効になるとされる時間帯で、地に足がつきにくく、判断力に乱れが生じやすいと言われています。

新月の願い事をする時は、この時間帯を避けると良いでしょう。

よって、願い事に最適な時間は10日10時32分から11日2時41分と、11日5時24分から12日10時10分までです。

人間が生まれてくる理由の一つに、願望達成があります。

叶えたいと思い描くことができる願いは、どんなことでも達成できるのです。

それでも、何年たっても叶わないこともあります。

そんな時にどうすれば叶うのかを、試行錯誤して自分を変えて行くことこそ、その人の修行になるのです。

また、描けない願望は達成が不可能ということになりますので、口先だけの目標や他人の夢は新月の願いにいくら書いても叶わないので、自ら叶えたいことだけを書いていきましょう。

もしも、新月の願いを書かない場合や、叶えたい願いがない場合も、一連の願望達成の仕方を私たちはDNAレベルで理解しているので無意識につかっているはずです。

ただ、今年2016年は特に願望達成の待ち時間が短くなり、達成度合いであるスケールや規模の格差がないことがはっきりと露呈していくでしょう。

地球環境の変化のために、惑星自体のエネルギーがクリアになってきています。

引き寄せる力、反発する力、支えあう力、自浄作用が微量で高まってきています。

新月の願いごとや満月の浄化などでご自分を癒し、ワクワクして楽しいことを考える時あなたの気持ちも高まっているのです。

その気持ちを大事にして、なるべくリラックスの時間を増やしましょう。

楽しいことを考えるのが習慣になると、落ち込む時間が減ってきて、総体的なあなたの運気が上昇してきます。

ネガティブの引き寄せの力も高くなっていますので、落ち込むのが習慣になり、願いが叶わない一番の理由にならないように気をつけましょう。

たくさんのギフトを受け取りながら、いらないものにいつまでも執着していると、良い運気の波に乗れなくなってしまいますので、あっさりと古いものは手放しましょう。

手放した後の空きスペースのイメージを、あなたの隣には愛するパートナーが必ず来ると信じて待つのです。

いらないぜい肉、嫌いな習慣などきれいに縁を切って、すっきりとして幸せになりましょう。

天のはからいで大胆で予想をはるかに超えた結果がくるので、願った通りの順序や経過ではないので、信じて楽観的に待ちましょう。

今年ブログを読んでくださった方々が、たくさんの願いが叶うように祈っています。

何かを求めたら、行動を起こすことです。

そして、ぜひ新月の願いを試してみてくださいね。

星有希那ホームページ