苦労すること

3.ブログ

失敗してどうしようもなく落ち込んだり、取り返しのつかないことや、最後の最後になってこんなはずじゃなかったと思うことが起きたときは、どうしてこんなに苦労するのだろうと、うろたえてしまいます。

そういったときは、原因にきちんと対処すれば良いことで、それでも感情がおさまらないときは、心が落ち着くまで静かに内観をして、自分の意識が次の物事に移るまで浸ってみるのをおすすめします。

起こったことは、あなはに乗り越えられるはずの問題なのです。

たとえば、何も支障がなくかんたんに気がつくことなら、記憶にも残らずに過ぎ去ってしまいます。

でも、精神的なダメージが大きかった出来事というのは、心もからだにも記憶されて、どんな思いでどう乗り越えて、どういった助けを受けたかなどが経験になります。

問題は永久に続くものはなく、いつかは解決されるものです。

だからあなたはその経験をとおして、素晴らしい知恵を学んだのです。

もし誰かから、言葉だけ聞いたとしても身をもって経験するのとでは、大きな違いがあるはずです。

日常にも学びが数多く与えられていますが、自分が忘れてはならない経験として選んだものといえるのです。

必要以上に自分を攻めたり、他の人やもののせいにすることで逃げてしまうと、ひとつの学びが繰り返されて、痛手が大きくなっていきます。

なぜ苦労するかといば、あなたに気づいてほしいとの、天からのありがたいのメッセージをなのです。

苦労したときは、乗り越えながら自分が何かを気づいたり、思考をやわらかくしてアイデアをひらめいたり、感謝の度合いが深まったりなどのプレゼントを与えられるチャンスだと発想を切り替えてみましょう。

落ち込んだり、自分を責めるはやめて、ただ自分の成長する機会と受けとめていってください。