五百年前の絵画

3.ブログ

海外から初来日した絵画を観ました。

五百年前の作品は、連日大勢の観客にもかかわらず2回も観てきました。

ヨーロッパに行くことなく、日本で観賞できるとあって良いチャンスでした。

私としては、聖母と天使が観たかったのです。

色彩は素晴らしく、お顔の表情も愛らしいので感動しました。

偉大な作品は、画家本人が亡くなってから世界的に有名になるものです。

時代を越えて絵を見た人が癒されたり、愛を貰えたり、感動したりするのだから絵ってスゴいです。

興味があったら、美術館へ出かけてみてください。

自分にどんな反応が起こるか、楽しみになることと思います。