2月3日節分

3.ブログ

南天

2月3日は節分です。

旧暦の大みそかとして福豆をまき、豆を年に数より1個多く食べて厄除けをします。

柊の枝にイワシの頭をさしたり、にんにくなどの強い臭気のあるものを添え邪気除けを行う習慣もある。

福豆をまき悪鬼を払うので「おにやらい」といい古くから神社仏閣で、この儀式は年男により行われています。

近年は恵方巻を黙って食べる習慣も定着してきましたから、今年恵方は丙の方位・南南東の方向を向いて食べてくださいね。

そして、いよいよ4日6時28分は立春です。

暦の上ではこの日から春になります。

立春は陰暦の正月で、太陰太陽歴を使用する東洋の占い上の新年の起点とされています。

したがって、立春前日の節分までは、前年になります。

四柱推命の占いでも、立春からは新年になり、運気が進展します。

6年と12年の周期で来る幸運期や空亡により心構えをして、チャンスを手にしてほしいと思います。

私の場合は「青春」ですから、物事の完成の時期で二重丸の年になります。

昨年が健康に注意の年でいろいろなことが起きましたから、今年は良い変化を遂げたいと思っています。

皆様は、それぞれにどうなりたいかを意識して、新月の願いや時節の風習などを用いて幸せを追求していきましょう。

アセンションした地球に住む私たち人間は、地球と同様に高い波動の波に乗っています。

引き寄せの効力や、遠い星や宇宙の彼方からの愛の援護射撃のエネルギーが地球に届き始めていますから、願いが叶いやすくなっているのです。

真逆にも働いてしまい、ネガティヴの連鎖にはまらないように落ち込んだら、楽天的発想で切り替えるようにしましょう。

この切り替えは、今後の時代でとても重要になりますので、うつや自分を責める癖を止める決意をして、セルフコントロール術を体得していってください。

あなたを守って導いているガイドたちの声に気づくには、テレビを見るのをやめて、瞑想やスピリチュアルな本や情報サイトを見るといいでしょう。

ガイドたちの声が聞こえるようになると、どんどん潜在能力が開花して成功しjはじめます。

また、あるがままのあなたでいられて、自由を手に入れて、穏やかに生きられるようになりますよ。

新年を迎えて、皆様が幸せな年を過ごせますように祈っております。

星有希那ホームページ