10月31日新月

自然

ミカン
ミカン

10月31日日曜日2時38分は新月です。

新月を迎えてから48時間以内に、2個以上10個以下の願い事を書くと願いが叶いやすいと言われいます。

後日願いが叶ったら、お花のしるしをつけて、きれいな色を塗りましょう。

ボイドタイムは、11月1日火曜日11時43分から23時42分までです。

ボイドタイムとは、月を経由して地球にやってくる惑星からのエネルギーが遮断され、月の働きが無効になるとされる時間帯で、地に足がつきにくく、判断力に乱れが生じやすいと言われています。

新月の願い事をする時は、この時間帯を避けると良いでしょう。

よって、願い事に最適な時間は31日2時38分から1日11時42分までと、1日23時43分から2日2時37分までとなります。

新月は、何かをスタートするのに最適な始まりの時期で、体や心のリセット、セルフヒーリングや浄化を行うと効果的です。

※ハロウィン10月31日日曜日※

ハロウィン、あるいは、ハロウィーンHalloween または Hallowe’enとは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のことです。

もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっているようです。

カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがあります。

近年日本でも、秋の定番イベントとしてハロウィンセールを行っているショッピングモールがほとんどではないでしょうか。

最近は、若年者がハロウィンの仮装した人を見かけるようになってきたり、お菓子などを差し上げるお店もありますね。

私の場合は、秋の収穫祭といえば、日本のお祭りだと思っています。

日本人は、世界文化の良い風習は、たとえどんなに商業的であっても、まわりに合わせて、すんなりとリ入れてしまうところがあります。

それでも楽しく過ごせるならば、お祭りやハロウィンを行う意味はあると思います。

ケルト民族の文化は世界的に残っているのは、他民族にも影響を与えたり、関心が高かったのでしょう。

今後も日本では、ハロウィンの楽しいお祭が浸透していくのは確かだと思います。

東京で当たると口コミで評判のおすすめ新大久保 幸運占館に出演しています。

四柱推命、数秘術、タロット、オラクルカード、手相、人相、方位学で占います。

月曜日16時から23時・・・ドンキホーテ敷地内(1号館)
金曜日13時から23時・・・コーヒープリンス下(2号館)

金曜日のみヒプノセラピー、ヒーリング、カラーセラピーを承ります。(完全予約制)

幸運占館こううんうらないかん

星有希那ホームページ