情報断食

3.ブログ

水元公園

水元公園

可能な限りの「情報断食」しています。

今私は、テレビは必要なニュースだけしか見ていません。

家族は好きに見たい番組は見ていますが、私一人のときは自然音を聴いています。

20代の頃、失業中に一日中テレビを見続けていました。

テレビ番組が頭に入っていて、ビデオ録画と裏番組も両方見たいと思っていたのです。

考えてみたら、子どもの頃からテレビはずっとあるのですから、ドラマや歌番組はほとんど見ていたと記憶しています。

最近、友人から「社会に置いて行かれるから、ニュースは知っているべきよ」と一人だけ忠告は受けました。

その友人は、情報収集を日課にしていて、常に時間をとっているとのことでした。

私は心配にならず、どうにかなると思っています。

仕事も、人間関係も困ったことは、起きていません。

パソコンのインターネットは、調べものには便利で、手間と時間の短縮になります。

必要な情報は、自分から調べれば分かります。

昨日の台風の情報は、天気予報と外の天気や風で状況が分かりました。

大きな事件はニュースを見ますが、人からもすぐに教えてもらえるのです。

正社員の仕事を辞めて1か月が過ぎて、何もこれといってはしていませんが、穏やかに過ごしています。

「情報断食」は、デトックスだと思います。

耳と目の浄化をしているのです。

最近は感覚が研ぎ澄まされて、音や声の響きが不協和音に感じるときがあります。

たとえば、人の悪口や強制的なことや、一方的なことを話しているとき、聞いていられなくなります。

残忍な殺人事件のニュースや、国会討論もじっくり聞いていられないのです。

気分が悪く、不愉快になりますので、すぐに違う話題に切り替えるか、その場を離れます。

「情報断食」のおかげで、情緒が安定していきます。

外からのネガティブな影響が少なくなり、感動しやすくなり涙もろいです。

要らない情報を受けとらないと決める「情報断食」は、自分がいつでも自由に情報を選べるのです。

チャネリング/ヒプノセラピー/カードリーディング/パワーストーン
ハーモニーセラピー&ストーン