リハビリ

健康

今日、整形外科のリハビリで筋トレしていて、気づきました。

左腰から足の筋肉が痛みのために、かばって右側にバランスを移動させて歩いているのです。

昨日、正社員の仕事で重たい荷物を持って出かけた時に、左坐骨神経が痛くてかばいながら歩いているのが分かりました。

実際は左足への重心がかかるときに、意識して右足に移動してしまうので、左足を使っていません。

理学療法士の先生と私は、腑に落ちた感じでした。

新たに筋トレのメニューが決まり、身体はきついのですが、先が見えた気がしました。

私の身体は、「重い荷物をもつ仕事は嫌い、我慢するしかない」ことへの抵抗が、坐骨神経痛になったのです。

「すぐに気づいて対処してください」

「心を偽らないでください」

「今、やるべきことはこれですか」

「この仕事をして、しあわせですか」

私の身体は、こう叫んでいました。

今は、ちゃんと身体の声を聞いてます。

先生から、「素直に言うことを聞いてくれるので、助かります」と言われました。

今まではカッコばかり気にしていて、真実を無視して生きていたから、これからは素直に心を開くと決めたのです。

何かの問題はその都度自分身体に聞くと、ちゃんと返事が返ってくるのです。

今私は一人ですが、一人ではないと感じます。

身体の声が聞こえます。