秩父神社、寶登山神社

神社

RIMG0360fc2.jpg
RIMG0336fc2.jpg

秩父三社めぐりバスツアーに行ってきました。

新宿発で長瀞にあるレストランで昼食がついた、寶登山(ほどさん)神社、秩父神社、二瀬ダム、三峯神社をめぐる初のはとバスツアーです。

雲は多かったものの雨は降らなかったので暑くなく寒くもなく快適な一日を過ごすことができました。

一緒に行ったのは、いつもバスツアーにお付き合いしてくれる友人です。

朝8時に新宿を出発して、秩父に向かいました。

添乗員さんとバスガイドさんがツアーの説明をして下さるのでサービス満点です。

参加人数が少ないのにもかかわらずバスを出してもらえたのでラッキーでした。

その分車内は余裕があったのでリラックスしてくつろげることができました。

最初に着いたのは秩父長瀞にある寶登山神社です。

今回も時間内に御朱印を頂くので、効率良く行動するのに友人の第六感が冴えて上手くまわれました。

連休明けの平日ということもあり、参拝に並ぶこともなく、散策する余裕がありました。

寶登山神社・御祭神

我が国をお肇はじめになられた神武天皇
神日本磐余彦尊
~かんやまといわれひこのみこと~
第一代の天皇で、皇室の祖先にあたります。九州の日向の国を出発してから瀬戸内海を経て河内、そして紀伊に迂回をし熊野、艱難辛苦の旅の末ついに中洲の大和に入り、橿原の地にて御位につきました。

日本の神話 神武天皇
大山祇神
~おおやまづみのかみ~
山を司る神、人の生活に欠かせぬ水に始まり動植物、いわゆる山の幸を無限に恵み給う神。神犬の大口真神を御眷属としてお使わし下さり我々をご守護下さいます。

火産霊神
~ほむすびのかみ~
ホは火を表し、ムスビは物を生成する神秘の力を表し、燃え盛る炎が人の生活に必要な様々なものを生み出しして無限の幸を授けて下さると共に、火を司って下さる。

寶登山神社の社殿後ろには出世を表す彫刻が描かれています。

本殿左右の欄間に施された彫刻には、8話の親孝行が描かれています。

原色がきれいで彫刻に見入ってしまいました。

次は長瀞の石畳の散策の後、コスモスが咲くガーデンレストラン桜で昼食をいただきました。

続いては秩父駅前でバスを降りて徒歩で秩父神社への参拝です。

秩父神社・ご祭神

御四柱の神々をお祀りしています

八意思兼命やごころおもいかねのみこと
~政治・学問・工業・開運の祖神~

知知夫彦命ちちぶひこのみこと
~秩父地方開拓の祖神~

天之御中主神あめのみなかぬしのかみ
~北辰妙見として鎌倉時代に合祀~

秩父宮雍仁親王ちちぶのみややすひとしんのう
~昭和天皇の弟宮様、昭和28年に合祀~

名工、左甚五郎が彫刻に施したと伝えられるつなぎの龍、子宝、子育ての寅は迫力がありますので、ぜひ見てください。

秩父神社の水占いは良縁を授かると言われています。

水占いとは秩父神社のご神体山である武甲山の原水のお水に、巻物になっているおみくじを浸すと文字が浮き上がってきます。

幻想的なおみくじを私も記念にひいてみたいと思い、水占いを挑戦してみました。

歩いて秩父駅前のバスに戻り三峯神社へと向かいます。

星有希那ホームページ

星有希那Twitter