12月18日射手座の新月

新月の願い事

12月18日月曜日15時30分は射手座の新月です。

瞑想や祈りや願い事をするには、ふさわしいタイミングがあります。

自然のリズムを正確に刻む潮の満ち引きに直結するのが月の満ち欠けです。

月は日々の活動に大きな影響を与える天体なので何かを行う時には、月の満ち欠けを見るといいです。

新月は、何かをスタートするのに最適な始まりの時期で、体や心のリセット、セルフヒーリングやリリースを行うと効果的です。

◆「新月の願い事」の方法

新月を迎えてから48時間以内に、2個以上10個以下の願い事を書くと、願いが叶いやすいと言われています。

手帳やダイアリーなどに、願い事は願いが叶った形で書いて、感謝の言葉「ありがとうございます」を付け加えます。

後日願いが叶ったら、お花のしるしをつけて、きれいな色を塗りましょう。

ボイドタイムは、12月18日月曜日22時9分から22時33分までです。

ボイドタイムとは、月を経由して地球にやってくる惑星からのエネルギーが遮断され、月の働きが無効になるとされる時間帯で、地に足がつきにくく、判断力に乱れが生じやすいと言われています。

月の願い事をする時は、この時間帯を避けると良いでしょう。

よって、願い事に最適な時間は12月18日15時30分から、22時8分までと、22時34分から20日18時29分までとなります。

その星座のテーマに沿った願い事をすれば、大きな効果があります。

◆射手座の新月の実現しやすい願いごとの主なキーワード

「自由」「冒険」「探求」「自発性」「海外旅行」「高次の学び」「英会話」「解決への探求」「指導者」「哲学」「訴訟」「道徳」「真実への追求」「率直さと正直さ」「ストレートな会話」「自然との結びつき」「直感」「心の安定」「信念」「幸運」「寛大な心」「親切さ」

◆関連のあるからだの部分・症状

「腰」「肝臓」「坐骨神経痛」「大腿部」「足の付け根」

※これらの部位の健康を促進すると言われています。

今年も残すところ半月となりました。

2017年はあなたにとってどんな一年でしたでしょうか。

年末にかけて私は、今後メインの活動となるであろうスキルを勉強しています。

他には最近始めたフリーマーケットアプリと週2回のヨガで体を動かしています。

ゆっくりではありますが自分の望む形に近づいている感じがします。

ときには窮地におちいりドキッとする出来事が起きますが、どうにかあきらめずに乗り越えられるのです。

私ひとりではくじけてしまったかもしれませんが、天使やスピリットガイドに知恵や力を与えてもらい助けてくれたから無難にことに当たれたのです。

確実に穏やかになり、成長していると感じています。

秋分の頃はら停滞した時期を送っていてこのまま何も変わらないように思っていましたが、着実に変化が起きて自分からスルリと新しい道に方向転換しています。

自分が心からワクワクすることを優先していいのです。

それが人生の目的につながっていることだからです。

星有希那ホームページ