友だちがいない

3.ブログ

ヤマブキ

私の現在の交友関係は、何かで必要がある場合にお付き合いしたいと思う相手とだけに限られてきました。

今までは、より多くの方と知り合い、親しくお付き合いをすることが楽しく幸せなことだと思っていたのです。

どうしてこのように友だち付き合いが無くなったかというと、会話や話題に意見の違いを感じるようになり、人に合わせられなくなってきたのです。

私が若い頃には信じられないのですが、一人でいても安心していられるようになったことです。

大人になって勉強していた時の仲間や、仕事仲間、親戚さえ必要のある時だけ付き合っています。

今は、家族と仕事で毎週関わる人だけに交流があります。

最近は年賀状だけでのお付き合いの人の中にも、年賀状を出さなくなる傾向があるのか、年賀状の枚数がめっきり減ってきました。

お付き合いしている人が減るとお年賀メールやラインの交換もほとんどありません。

友だちは年を重ねるごとに増えて行くものだと思っていましたが、その考えは覆されたのです。

付き合う友だちか減って何かが変わったかというと、今までと何も変わらずに暮らしています。

趣味やボランティアの仲間と会う機会が無くなりましたが寂しいとは思わず、仕事に集中できています。

友だちとは、必要がある時だけは会うことになりますが、その後はまた疎遠になるという状況です。

それでも私は、何の不安もなく反対に自分の内側は落ち着いて穏やかですからいいと思います。

会わなくなった友だちのことがどうなったのか気になることもなく、心配もせずに信頼しているのです。

自分自信が穏やかいられるのなら、私はそれでいいと思います。

これからも、必要な時だけのお付き合いで十分なのでしょう。

スピリチュアルに生きていると、何かの判断や選択をする時は、心の中に聞けば答えが返ってくるので、今までのように外側の人に聞かなくて済むからです。

自分を信頼することで、他の人へとその影響が繋がっていくのです。

そういう訳で、友だちがいなくてお付き合いしていないように感じるのでしょう。

幸運占館こううんうらないかん

星有希那ホームページ