啓蟄

自然

ガーデンシクラメン

3月5日18時33分は、二十四節気の啓蟄です。

このころは、長い間土の中で冬ごもりをしていたいろいろな虫が、穴をひらいて地上へはい出してくるという意味です。

これよりは、旧暦3月弥生となります。

春らしい陽気の日があると思うと、急に真冬に立ち返ったような寒い日もある月で、気温だけでなく天候も激しい変わり方をします。

関西では、12日の奈良のお水取りが終わらないと春がやって来ない、と言い伝えられ、一方、暑さ寒さも彼岸までと言うことわざのあるのが、気温の不安定さを物語っています。

それに加えて花粉の飛散情報も、気になる人が多いと思います。

私は今週から、池袋で新たな分野での占いの仕事がスタートします。

腰痛と膝関節痛が大分良くなってきたので、リハビリで落ちた筋力と体力をつけていこうと思っています。

当面は新大久保を含め、大勢の方の対面セッションをして、人間性が成長していけるように努めたいと思います。

幸運占館こううんうらないかん

星有希那ホームページ