紅あずま

3.ブログ

マーガレット16
マーガレット

紅あずまは関東で人気の品種です。皮の色は少し紫がかった濃い赤色で、果肉の色が黄色く粉質で、繊維質が少なく、蒸したり焼くとホクホクとネットリの中間タイプのサツマイモです。

焼き芋にした時は、果肉の色が黄色く、見た目からとても美味しそうに見え、甘味もあり、人気があることが頷けます。

紅あずまの収穫時期は、早いところで9月上旬頃からはじまり、10月に入って最盛期となり11月中旬頃までとなります。2ヶ月ほど貯蔵したほうがデンプンが糖質に変わり甘みが出て美味しくなるので、食べ頃の旬は12月から2月ごろまでとなります。

なお、紅あずまは貯蔵性はあまり良くなく、旬を過ぎるとあまり出回らなくなります。

サツマイモは、風邪の予防や疲労回復、肌荒れなどに効果があるビタミンCが含まれます。

ナトリウム(塩分)を排泄する役割のカリウムを含みます。

また、抗酸化作用があり体内の活性酸素を減らすビタミンEが含まれます。

しかも食物繊維を上手くとることができます。

先日茨城に出張した時に頂いた紅あずまは、とても甘くて美味しかったのです。

たくさん蒸しても、冷めたらレンジで温めると美味しく食べられます。

農家の方がとれたてを持ってきてくださったので、新鮮でした。

20年前のさつま芋は、品種が違うのかあまり甘くなかった気がします。

紅あずまは2000年以降に一般的に作れるようになり、最近になって品種改良されたようです。

近くには大学芋を販売している工場があって、すぐに売り切れになるそうです。

茨城は美味しい作物がとれる豊かな所なのです。

東京で当たると口コミで評判のおすすめ新大久保 幸運占館に出演しています。

四柱推命、数秘術、タロット、オラクルカード、手相、人相、方位学で占います。

月曜日16時から23時・・・ドンキホーテ敷地内(1号館)
金曜日13時から23時・・・コーヒープリンス下(2号館)

金曜日のみヒプノセラピー、ヒーリング、カラーセラピーを承ります。(完全予約制)

幸運占館こううんうらないかん

星有希那ホームページ