ハイヤーセルフ3

3.ブログ

あなたの両親、教師、あるいは社会的なつながりのある人の捉えたあなたとは、あなたのエゴの部分であり、エゴが示すあなたは永遠ではありません。

所有物、業績、評判、賞賛、お金、あなたに子供が何人いるかも含めて、どれをとっても永遠の現象ではなく、変化しています。

そんなエゴで捉えた低次元な自分を、ハイヤーセルフから見下ろせるのです。

本当の自分は、つねに変化し、死んでいく運命にあるものよりずっと偉大であり、両親から生まれた人間ではなく、生死も変化もない大いなる源から生まれた無限の存在なのです。

私たちはみんなひとつのもの、つまり大いなる源から生まれたのですから、生まれてきたものに似ているのです。

大いなる源でも、神でも、聖なるものでも、それを何と呼んだとしても、生まれた場所のエネルギーを持ってつねに変化する肉体へと、生まれ落ちたのです。

感覚として捉えることができなくても、心臓が鼓動し、髪が伸び、肺が呼吸し続けられるのは、あなたの中に神の一部が備わっているからです。

あまりにも物質世界に心を奪われて、こうしたことが当たり前になって見えなくなっています。

さらに、自分のハイヤーセルフをもっと詳しく知っていく必要があります。

永遠の光と、目覚めを概念化していき、ほんのわずかな大きさから全体へと拡大して、自分の人生がハイヤーセルフによって導かれると思えるまでにしてください。

やがては、エゴに支配され、感覚からもたらされたすべて超えて、ハイヤーセルフが人生の基本となります。

このハイヤーセルフをまずは脳と同じくらいの大きさの光だと思い、これまでの頭で考えていた望みではなく、新たな頭脳で捉えた望みを叶えていこうとする時、神の支えができたことになります。

新たな脳は、無限の可能性を持つ神のエネルギーでできているのです。