霜降

自然

ダリア

今日10月24日は、二十四節気の霜降(そうこう)です。

秋も末となり、霜が降りるという意から霜降と呼ばれます。

街のショッピングモールの装飾は、ハロウィン真っ盛りですね。

占いの仕事で行っているアリオ西新井やアルカキッド錦糸町は、ハロウィンのセールを開催しています。

そして、今月で「開運館E&E」の占いの仕事は、ちょうど1年を迎えました。

アリオ西新井で月2回火曜日の仕事からスタートでしたが、今は日、水、木曜日のレギュラー出演は、他の曜日へとシフトしています。

今日の日中は暖かく、23度まで気温が上がりました。

今が一年中で一番過ごしやすく、収穫の時期でもありますね。

私の四柱推命の先生である龍生先生は、年初に個人講座のために我家に毎回来てくださって、ご指導をしてくださいました。

5月には山形のご実家へ帰省しておられましたが、10月にお米の収穫も済んで上京していましたが、幸運にも再会することができたのです。

半年の間に、若い先生がたくましくなられたようで、四柱推命を通しての彼との出会いに感動いたしました。

龍生先生は二つの仕事を掛け持ちしていて、私も彼の仕事を応援したいと思ってしまうのです。

若い人は活発でエネルギッシュですが、私のように若くはない人はその分たくさんの経験をしているので、思い出の記憶の中に体感として残っています。

その記憶は類似したことで思い出してまた感動するのですが、使わないときは記憶の倉庫に保管されています。

たくさんの経験をしている人は、少々のことでは動じることがなくなりますが、その分、ワクワクする情熱のエネルギーを燃やし続けることが大切になります。

そのたくさんの経験を積んだ方々の年代は、情熱のエネルギーを燃やすことである好きなことをすることが、ブロックされている方が大勢います。

私をはじめ、皆さんも「好きなことをしてはいけない」ブロックがあることが気付かずに、何となく生きがいがなくて悩んだり、誰かのせいにしたり、病気の原因になったりします。

自然にブロックを外すことができるのは、困ってどうにもならなくなり、ブロックの元となる執着を手離すことなのです。

ここで肝心なのが、困ったことが不幸だと思わないことです。

どうぞ、不幸のレッテルを自分に貼らないようにしてください。

その不幸の経験もいつかは終わるはずですので、落ち込む前にさらりと思考を別の楽しいものに切り替えて過ごしましょう。

そして、「自分は好きなことをして、幸せに生きる」と決めましょう。

このアファメーションは、情熱を燃やし続ける言葉です。

年齢は関係ないこと、老いを気にしなくなることこそ、情熱を燃やし続けられるのです。

年齢や経験を重ねたことで、もっと素晴らしい経験を享受することができるのですよ。

そう思うと、人は皆それぞれに意味があり平等だというのが分かるのです。

自分の心の面倒を見るのは、あなたしかいませんのでそのことを肝に命じてください。

まずはご自分が世間体に関係なかったら、何をしたいかを聞き出しましょう。

そして、そのことを行動に移していくことが、「あなたの幸せ」なのです。

星有希那ホームページ