10月13日新月

ヒーリング

マリーゴールド2
マリーゴールド

明日10月13日9時9分は、新月です。

新月を迎えてから48時間以内に、2個以上10個以下の願い事を書くと願いが叶いやすいと言われいます。

後日願いが叶ったら、お花のしるしをつけて、きれいな色を塗りましょう。

ボイドタイムは13日9時5分から14日6時39分です。

ボイドタイムとは、月を経由して地球にやってくる惑星からのエネルギーが遮断され、月の働きが無効になるとされる時間帯で、地に足がつきにくく、判断力に乱れが生じやすいと言われています。

新月の願い事をする時は、この時間帯を避けると良いでしょう。

よって、願い事に最適な時間は14日6時40分から15日9時4分です。

9月末の大きく明るいスーパームーンとは反対に、新月は何かをスタートするのに最適な始まりの時期で、体や心のリセット、セルフヒーリングや浄化を行うと効果的です。

今回は私が毎日行っているチャクラの浄化をお伝えします。

チャクラの場所は、背骨に沿って7つあり、ここを出入り口にして、外界から体内へ、また体内から外界へと、それぞれのチャクラから、気のエネルギーがらせんのように渦を巻いて出たり入ったりしていると言われています。

心身が健康なとき、ヒーリング、瞑想時には対応するチャクラが開いています。

セルフヒーリングをして、チャクラを活性化すると心身が癒されますのでぜひお試しくださいね。

「チャクラの浄化」

床や椅子に座って、尾骨から頭のてっぺんまで真っすぐになるように姿勢を整えます。

ゆっくり鼻から息を吸って、1、2秒おいてから、ゆっくり口から息を吐き、1、2秒おいて息を吸う深呼吸を3回します。

下から順番に第1チャクラから第7チャクラまでを、換気扇のようにプロペラがくるくるまわっている様子をイメージしていきます。

それぞれの色がくすんでいたり、むらになっていたりしていても気にする必要はありません。

大事なのは思い込みや、何かが悪いという決めつけを一つずつ手放していくことです。

第1チャクラは、尾骨のあたりで赤い色をしています。

関係するのは、生存、持続、財政や住居などの物質的関心事です。

第2チャクラは、丹田、へその下約10cmでオレンジ色をしています。

関係するのは、肉体的欲求、食欲、中毒性です。

第3チャクラは、みぞおちとへその間で黄色をしています。

関係するのは、権力、抑制力です。

第4チャクラは、胸の真ん中で緑色をしています。

関係するのは、愛情、超感覚です。

第5チャクラは、喉で薄い青色をしています。

関係するのは、コミュニケーション、真実を語ることです。

第6チャクラは、目と目の間で濃い青色をしています。

関係するのは、透視能力です。

第7チャクラは、頭頂部で紫色をしています。

関係するのは、透知能力です。

これですべてのチャクラが活性化され、心身ともに元気になりました。

朝はその日一日が素晴らしいものになり、夜は深い眠りをとることができるでしょう。

すべてのものに感謝と、本来の自分を生かすことができますように、このままで少しの間祈りましょう。

新月の夜に、セルフヒーリング「チャクラの浄化」をやってみてはいかがでしょうか。

星有希那ホームページ