鹿島神宮

3.ブログ

鹿島神宮拝殿
鹿島神宮・拝殿

鹿島神宮奥宮
鹿島神宮・奥宮

良く晴れた今日、茨城県鹿島神宮へお参りに行ってきました。

10歳の時に阿字ヶ浦の臨海学校の途中で行って以来ですので、あれから何十年も年たちました。

今日は、一人で東京駅から高速バスに乗り2時間、鹿島神宮まで直行しました。

暦で神無月に入る前に、鹿島神宮に参拝したかったのです。

一人で神社に出かけることも多くなりました。

昨日、カードリーディングでメッセージを聞いて、「水に関する所」が重要でしたので、茨城は水郷潮来をまわり、鹿島神宮の御手洗池の涌水口と水とのご縁があり、清い水に触れることがてきました。

また四柱推命で、私は丙申でこれも水が必要なので、今日の水郷や鹿島灘や涌き水の近くにいたので、水のエネルギーを受け取り私の体全体のバランスが整ったと思うのです。

御手洗池の茶店で、「涌き水かけそば」を食べることも出来て、空腹を満たしお腹も満腹になりました。

御手洗池のコテージでオカリナを吹いている方がいて、澄んだ音色が秋の景色と合っていて、ずーっとそで時間を忘れてしまいます。

私の五感と心の全てが癒された感じがしました。

鹿島神宮は、日本建国・武道の神様である「武甕槌大神・たけみかづちのおおかみ」を御祭神とする、神武天皇元年創建の由緒ある神社です。

鹿島神御祭神である経津主大神(ふつぬしのおおかみ)と共に出雲の国に天降り、大国主命と話し合って国譲りの交渉を成就し、日本の建国に挺身されました。

まわりは鹿島灘の海がありますが、奥参道は御神木や大木に覆われて空気が澄んで、10月なのにつくつく法師の蝉や鳥の声を聞くことができました。

鹿島神宮は安産、旅行、仕事の開運祈願も良いとのことです。

東京駅から高速バスで鹿島神宮行けるようになり、便利になったものです。

バスの本数の多い時間帯は、10分間隔でバスが出ていますので、ほとんど待たないで乗れるのです。

日本のレイ・ライン(鹿島神宮、皇居、明治神宮、富士山、伊勢神宮、吉野山、高野山、高千穂)の最東が、鹿島神宮なのだそうです。

そうなると、私の伊勢神宮、高野山行きを、早く実現させたいと思います。

星有希那ホームページ