8月14日新月

自然

小菊

小菊

今夜、8月14日金曜日23時53分は新月です。

新月を迎えてから48時間以内に、2個以上10個以下の願いごとを書き込むと願いが叶いやすいと言われています。

後日願いが叶ったら、お花のかたちをペンでなぞるか、きれいな色で塗りましょう。

ボイドタイムは8月15日土曜日13時36分から、15日16時47分です。

この間は月を経由して地球にやってくる惑星からのエネルギーが遮断され、月の働きが無効のなるとされる時間帯で、地に足がつきにくく、判断力に乱れが生じやすいと言われています。

新月の願いごとをする時は、この時間帯を避けると良いでしょう。

新月の時期は、月の前半だったり、後半だったり毎月さまざまです。

「新月の願いごと」をする上で大切なのは、このお願いは「今月の願いごと」ではないと理解することです。

毎月の願いごとや目標欄はありますが、「新月の願いごとは」、月単位で叶えたいことだけではなく、長いスパンで叶えたいことも書いてみてください。

数か月後や1年後に、突然願いが叶うかたちで嬉しいサプライズが訪れることでしょう。

この願いごとを書いている時は真剣です。

でも、この願いを書き終わり、願いが叶うと想像して少しのあいだはハッピーな気分でいましょう。

そして、この願いは忘れてしまうほど日々の目の前のことをするのが、願いが叶う秘訣です。

あなたが願いごとを忘れることは、宇宙に願いが叶うために整える時間と、受け取る確信をしたという合図です。

この忘れることが大切な過程なので、毎回新月の願いごとを書くことで、より叶いやすくなるのです。

星有希那ホームページ